名刺のweb発注のメリットを紹介
名刺のweb発注をわかりやすく解説します
Menu

少量の名刺であれば、一般的なプリンターでも作成可能です。しかし、普通のインクジェットプリンターの場合、数百枚に上る大量の印刷物作成をすると、みるみるうちにインクが減っていきます。頻繁にインクを交換しなければいけません。少量であれば名刺は自作した方が安上がりですが、まとまった数の物が欲しい時はプロの専門業者を利用した方がリーズナブルです。毎日インクを交換していてはインク代だけ見てもかなりのランニングコストになります。また普通のインクジェットプリンターはフル稼働を苦手としており、大量の印刷作業を任せると紙詰まりやインク漏れ等、ハードのトラブルが起きかねません。プロの印刷会社に相談すれば、一個人でもアウトソーシングが頼めます。最近では小ロットでも、快く依頼を受け付けてくれるので、安心です。

お急ぎの場合は、それに対応したサービスを

今ではweb発注で名刺の印刷作業が頼めます。多忙で平日、オフィスを離れる事が難しい方、電話で問い合わせる時間を上手く作れない方も、インターネット経由なら、いつでもどこでも好きなタイミングで頼めます。土日のオフタイムを利用して、web発注する事も出来ますし、移動中の空き時間にスマートフォンやタブレットから専門会社に注文を出す事も可能となりました。ただweb発注を初めてする方々はいくつかの注意ポイントを理解しておきましょう。ネット通販ではありませんが、発注してから実際に物が届くまでには一定のタイムラグがあります。明日までに完璧なデザインの名刺が欲しい、という方々はきちんと即日対応のサービスを選んで利用しましょう。普通の印刷会社の場合、即日対応は出来ないのが基本ですので、その点は要注意です。

データ入稿に対応しているか、その有無も事前に確認

また印刷会社によって最終的に掛かるコストはピンきりです。もし時間的な余裕があるなら、いくつかのwebサイトを巡りましょう。比較検討する事で最も安価なサイトが分かりますので、コストを節約したい方は時間をじっくりとかけて、お得な場所を探し出しましょう。また送料が掛からないサイトの方がお得感がありますので、そういったサービスは優先的に候補に入れたいところです。そして、最近ではデータをサイト側に入稿して依頼出来るサービスもあります。PhotoshopやAdobe illustratorを仕事で利用している方なら、自作のデザインをそれらのソフトで作成してみましょう。その二つのファイル形式なら、データ入稿がスムーズに出来ます。ただ、まだ全ての専門会社がPSDやAIデータの入稿に対応しているわけではありませんので、事前によく確認をしておきましょう。

全国直送可能!要望に沿った仕分け・梱包にてお届け。 発注から印刷、発送まで再委託なしの社内一貫生産により安心安全にご利用いただけます。 数多くの企業様に名刺制作のご依頼を頂いております。 年間70万箱(グル-プ計150万箱)の出荷実績! 東池袋から徒歩10分。その他、3駅からのアクセスが可能。名刺のお引取りなども承っております。 システム利用料0円!ランニング費用は掛かりません。 名刺をweb発注でお考えのあなたへ