名刺のweb発注のメリットを紹介
名刺のweb発注をわかりやすく解説します
Menu

企業に就職して初めてユーザーと対面する機会や自分を紹介する場面で最も役立つものが名刺です。入社してすぐに名刺と呼ばれるものが支給され、会社の名前と共に自分の名前も印字されています。会社で総務部などの部署が一括で管理していることがほとんどで、予め準備されています。しかし、新入社員だけではなく、追加で必要になった社員も新たに準備することが必要になることがあります。その人数が多いと準備するのにも最低限の時間がかかり、急に明日必要になることもあります。こうした場合に便利な方法がweb発注をした依頼方法です。この方法はメリットが多くあり、余分な時間をかけずに済むだけでなく、コスト削減にもつながるため、発注する企業は増えてきています。また、個人としても利用ができます。

当日発送ができ、大量印刷でも対応が早い

web発注の最大の魅力と言っても良いのが、注文から発送の早さです。翌日には大量の印刷でも納品されるほどの早さで、万が一明日急に名刺が必要になったとしても間に合ってしまうのが魅力的な点です。また、社員の情報を預けておくことで、前回作成した履歴から簡単に発注までができてしまうのが非常に時間を短縮させてくれるもので、自社内で設備を投資して校正して印刷し直すよりも余分な時間やコストを削減できるのはweb発注の便利な点となっています。特殊な加工を必要とする場合であっても繁忙期を除き臨機応変に対応が可能で、最短でも翌日納品が可能となっていることがほとんどです。部署が変わった、名前が変わったなど変更があるたびに作成し直す必要があるものですが、簡単に発注できるようになっています。

web発注で社員管理ができてしまう

名刺には必ずと言っていいほどの自分の名前が記載されています。自己紹介を行うので、名前を入れるのは当然ですが、自社内の社員の顔や名前を社員管理システムから調査して印刷としていては大量に社員がいる場合、これだけでも時間がかかってしまいます。しかし、webを利用すると、社員の名前と顔写真を一元管理できるような仕組みも整っているサイトもあり、クラウドで管理することも可能です。自社内だけでなく、オンライン可能となる環境であればどこからでも発注が可能な仕組みも整っており、非常にメリットがあります。簡単かつ便利な要素があるwebの仕組みは多くの企業から利用されています。急な変更であっても一元管理されているため、簡単に変更することも可能でメリットが大きいのが特徴です。