名刺のweb発注のメリットを紹介
名刺のweb発注をわかりやすく解説します
Menu

ビジネスにおいて欠かせない名刺は、初めての相手に対し、自己紹介の意味を含めて渡す若しくは交換するのがマナーとなっています。入社してすぐにマナー研修というのがありますが、基本的な交換の仕方はまずここで習います。代名詞ともなる名刺ですが、企業によっては自社内で印紙用紙を専門に用意して、手差しプリンタなどで印刷しているところもあります。しかし、入社の時期などの繁忙期にはこうした作業にも時間がかかり、プリンタや印紙代金などコストもかかることを忘れてはいけません。こんな場合に非常に役立つ便利な方法がweb発注で行う名刺の依頼です。この方法はオンラインで発注から納品までを一貫して行う事ができる仕組みで、専用の用紙やプリンタを購入する必要が全くありません。

大量発注でも少量でも単価が変わらずできる

web発注する場合、大量印刷だとコストがかかると思われるかもしれませんが、1枚数円程度とかなり費用を抑えることができます。1枚から発注できるところもあり、単価も据え置きで実施できることがあります。入社の時期だけにとどまらず、営業などの外回りが多い人にとっては追加で何枚か必要になることがあります。また、部署が変わったり、家族構成によって名前が変わることもあります。こうした場合においても都度発注ができ、最短で翌日に納品されるweb発注は非常にメリットがあります。専用の印刷用紙やプリンタなどの設備投資を不要とし、いつでもオンラインから発注ができる仕組みとなっているため、24時間受付が可能です。大量になる時期から随時期に至るまで、臨機応変に対応が可能となっています。

ランニングコストの大幅削減ができる

名刺の印刷を自社内で行っている場合、印刷用紙の購入からプリンタの購入、消耗品の交換などなど多くの設備投資が発生してしまいます。事前に見積を依頼することも可能で、予め予算の計画ができるのもメリットになる点です。いつ必要になるかわからないため、すぐにでも発注依頼ができるweb発注は非常に便利な方法となっています。社員管理システムからの連携や印字位置の合わせ、これらもすべてオンライから実施することができ、新たにシステムを導入して管理するコスト削減につながります。また、社員管理としても利用できるような仕組みもあり、ランニングコスト削減につながっていきます。さらに、社名の変更、役職、所属などが変わった場合であっても、即対応が可能で、その対応時間も大幅に短縮可能になります。